このサイトを書いてる人: もみにすについて

*これ以上前の記録は見つからない。

はじめに

はじめまして、もみにすといいます。関東のどっかでJavaScriptと格闘しながら高校生やってます。

エンジニア的なの

どうやらTypeScriptが好きなようだ。どちらかというと目に見えるフロントエンドのほうが気に入っている。 やったことある言語の列挙。

  • VB
    • 初っ端からなんてものを繰り出してんだと言いたいが、たぶん自分の初プログラミングはVBSだったはず。ニコニコのメモ帳プログラミングの動画。
    • VBAと高校で再会したときは何事かと思った。
  • TypeScript
    • この言語は自分のプログラミング能力のベースになっている言語。というかそこそこやった言語がこいつしかない。
    • TypeScriptとReactとGatsbyとなんやかんやでこのブログを作ったのはあまりにも有名。
    • ここで育ったので第一級関数、ジェネリック、Null安全、Union型 が当然みたいに思っている節がある。これから他言語に触れるときどうするんだろうか。
    • JavaScriptはクソ
  • Kotlin
    • めっちゃやりたい言語1。無論Android Studio。ifとかが式でNull安全ってだけでもう大好き。
  • Rust
    • まだやったことないけどめっちゃやりたい言語2。低レイヤー的なのもちょっとやってみたい。
  • C
    • 資格の関係でやらなきゃいけない言語。いつまで生き残ってるんだと言いたい。TypeScriptの項で上げた要素が1mmも備わってない。資格終わったら二度とやらないと思う。

クリエイティブなもの

残念ながら絵が書けなければ歌も歌えない。残念でした。100年後の今頃にはボカロPに生まれ変わっているかもしれないが。

リアルの話

リアルではただの高校生です。プログラミングできる仲間が増えるかと思った選んだ高校が微妙で微妙な気分。 決して悪いわけではないが望んでいたのではない的なやつ。

将来の進路はぜんぜん考えてない。面倒なのが、高校が専科系なので下手な専門学校は内容が被ってクソつまらん2年を過ごすことになりそうなことと、高校が専科系なので大学の選択肢が減るということ。 高卒で就職しろっつったって高卒入れてくれる企業はそんな多いとは思えない。

それに加え、こないだ「大学でコンピュータサイエンスをやってきた人らがどんどん入ってきて専門でプログラミングを学んだだけの我々はでかい顔できなくなる」 みたいな話を読んだ気がする。あれがマジなら専科高卒はいろいろ死亡するしかなさそうだ。

この状況でおれが考えた最強の解決策は「高校ですごいことやってすごい企業に捕捉される」だと思うんだが、「すごいやつならすでに高専にいるだろう厚顔無恥の戯け者が」とツッコミが入れば下座して自刃するしかあるまいよ。

こういうことを考えてると「そもそも俺は仕事などという高度技能ができるんだろうか」という原理的な問題にぶつかる。 不器用さと段取りの悪さ体力の無さの合計点なら誰にも負けることはないと自負している。こういうのは自負しちゃいけないとは思う。

リアルは暗い話題ばっかだ。こりゃひどい。

将来の夢とかあんの?

  • 1万ユーザーぐらいのアプリ開発者になりたい
  • 海外に行きたい
    • イタリアでワインを飲みながら肉を食べたい
    • うまいピザも食べたい
    • 台湾もロシアも北欧も気になる
  • 金がほしい
    • 子どもが学費のことを考えずに大学に行けるぐらいには。
*これ以上前の記録は見つからない。