Kyashのチャージ手段について考察してみる

最近ジベタ教にハマっているもみにすです。 きょうは、VISAプリペイドの発行&個人間送金サービスの Kyash のチャージ手段について考察します。

なお、ライトユーザー目線ですのでそこはご了承ください。

手段一覧

手段オヌヌメ度拠点の多さ手間
クレジット/デビット高いどこでもかからない
セブン銀行ATM次点かなり多いあんまり
銀行ATM(Pay-easy)ダメ少ない~そこそこクソ

以上の通りクレジットかデビットを登録するのが一番早いです。 これより下は各手段の解説になります。結論だけ必要な方はここでお帰りください。

クレジット/デビット

Kyash自身が一番推してるチャージ手段です。自動チャージを有効にすればチャージの必要はなくなりますし、自動チャージでなくとも家でもどこでもチャージできるのは利点の塊です。

当然ですがクレジットもデビットもない場合は使えません。 Kyashの利用規約を見る限り年齢には下限がないようですが、デビットの作れない15歳未満ではたぶんこの手段は不可能だと思います。 逆に言えばKyashユーザーは15歳になった瞬間に銀行の口座をブチ開け、デビットを発行して連携しなければならない(MUST)とも言えます。

なおVISAがほしいからといって間違ってもゆうちょ銀行に行ってはいけません。ゆうちょのデビット/プリペイドであるmijicaはプリペイドが付いているばかりにKyashから拒否られます。 サポートに問い合わせた上でNGを食らっているので確実に無理です。mijica以外にもプリカ系は警戒したほうがいいと思います。

セブン銀行ATM

クレジット/デビットが使えないときのための次点です。

このご時世セブンイレブンなんてそこら中に転がってる(首都圏民の偏見です)のでチャージしたいと思えばだいたいいつでもチャージできます。 さらになぜか関係ないスーパーに置いてあったりします。もしかしたらイトーヨーカドーにも置いてあるのかも?

手順にQRコード読み取りがあるのも特徴です。16ケタあるナントカ番号を打たされたりしません。

デビットの使えない15歳未満のKyashユーザーにとっては主要なチャージ手段になると思われます。

銀行ATM(Pay-easy)

銀行のATMからチャージできますが、入金が3000円単位 なのがかなり痛いです。

また、セブン銀行と違ってナントカ番号をめっちゃ打たされます。自分はmijicaが使えないちくしょうと思ってゆうちょ銀行からPay-easyチャージしようとして、 「1文字消す」がない16桁数字フォーム と死闘を繰り広げる羽目になりました。タッチ位置ずれなどというハズレ台まで引きました。

また銀行のATMはそんなコンビニみたいに落ちてるわけはなく、郵便局探しゃいいゆうちょもやっぱりコンビニ1社にだって勝てません。

まとめると クソ です。銀行から移動してでもセブン銀行から入れたほうが圧倒的に楽だと思います。

コンビニATM

こいつだけは僕はやったことありません。なぜなら レジで支払う必要がある からです。

コミュ障と罵られようと俺は嫌ですよ、チャージのためだけにレジに行くなんて。


という感じです。デビット/クレジットはどこでもチャージできるのが強いですね。 15歳以上の諸兄はとりあえずカード登録して、15未満のお友達はセブン銀行でチャージするといいと思います。 Kyash Cardなどというクソみたいな名前のものが出てきましたがこれから先どうなるんでしょうね。以上、もみにすでした。